三重県伊賀市の胃腸内科・内科・肛門外科 松本胃腸内科

伊賀市の胃腸内科・内科・肛門外科 松本胃腸内科

〒518-0818
三重県伊賀市荒木534-2
TEL 0595-26-3750
▲Mobile Site 
トップページ»  診療設備

医療設備

●CT検査(頭部・肺・腹部)

CT検査
X線を体の回りにらせん状に当てて、体の内部を立体的に見ることができる診断技術です。
たとえば、肺の小さな病変や肝臓・膵臓・腎臓などの臓器の小さな病変の発見にとても効力のある機器です。
 

●内視鏡検査​

内視鏡検査

●上部消化官内視鏡装置(胃カメラ)

先端にレンズが付いている細い管(内視鏡)を口から入れて、食道や胃の内部を直接見る事ができる検査装置です。
胃の内部や食道をテレビモニターに映し、くまなく見ることが出来るので、胃粘膜の色調の変化や早期の癌の発見がしやすいと言われています。
またピロリ菌の有無などを調べることができます。

●経鼻内視鏡装置

いわゆる「鼻から入れる胃カメラ」です。
食道、胃、十二指腸などの上部消化管に対する代表的検査は、従来、経口内視鏡検査が一般的でしたが、「痛い」「苦しい」「つらい」検査でした。
しかし、直径わずか5.9mmの極細径スコープを鼻からの挿入を可能にした「鼻から入れる胃カメラ=経鼻内視鏡」により苦痛の少ない検査を実現。
殆ど痛みを感じることなく、鼻腔から咽頭、食道、胃へとスムーズに挿入されて行きます。
この間、ほとんどの患者様は吐き気もなく、自然体で検査が進みます。
心身共に苦痛の少ない検査で患者様の負担が大きく軽減されています。
従来の胃カメラ同様、胃の内部や食道をテレビモニターに映し、くまなく見ることが出来るので、胃粘膜の色調の変化や早期の癌の発見がしやすいと言われています。
またピロリ菌の有無などを調べることができます。

●下部消化器官内視鏡装置(大腸カメラ)

大腸専用の電子スコープ(ファイバー:カメラ)で肛門→直腸から挿入し、腸の内部を観察する検査装置です。
テレビモニター上に映像を映し出して異常がないかを観察しますが、ポリープや癌などの疑わしいところがあれば、その場で組織の一部を採取(生検)したり、直接ポリープを切除(ポリペクトミー)して細胞レベルで調べる病理検査をします。
 

●消化管透視検査(胃・大腸)​

消化管透視検査

●胃透視検査
胃透視検査は、バリウムを飲んで行う検査です。バリウムを飲むことで食道から胃、十二指腸にいたる上部消化管を造影し、エックス線透視撮影装置のテレビモニタで観察しながら撮影する検査です。

●大腸透視検査
大腸透視検査は、バリウムなどの造影剤と空気を肛門から注入しながら、大腸の形態や動き・粘膜の状態を観察して、異常が無いか調べる検査です。

●エコー検査(超音波診断)

超音波の反射を利用して腹部の断面を画像にし、肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・腎臓・乳腺・甲状腺などの臓器の形状を診断する装置です。
X線被曝の心配や苦痛はまったくございません。

●心電図

心筋の電気的変化を体表面に装着した電極から検出し、波形として記録したものが心電図です。
心電図は不整脈や虚血性心疾患などの検出に適しています。

●ホルター心電図

ホルター心電図検査とは、24時間に渡って心電図を連続して記録する心電図検査法です。
一日に渡り心電図を測定する事により、一日の心電図の変化から心筋梗塞や不整脈などを診断する事ができます。
​特に動悸や息切れなど発作的な症状が見られる方には有効な検査方法です。

●血圧脈波検査装置

下肢の動脈の狭窄・閉塞の評価、血圧に依存しない動脈固有の硬さ(血管年齢)を評価することができます。
高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の診断、治療効果の判定などに使用されます。

●呼吸器の検査(スパイロメーター)

呼吸機能を検査するための器械です。
喘息や肺気腫など、肺の呼吸機能を損ねる疾病の検査に用います。

●骨密度定量装置

「骨粗しょう症」の予防には定期的な骨量の測定をおすすめしています。
この機械は、リラックスしながら椅子に腰掛け、約1分ほど片手を入れるだけで、痛みもなく簡単に精度の高い骨密度が測定できます。
極めて少ないX線を利用しているので、女性の方も安心して受けられます。

●リハビリ室

リハビリ室


自動間欠牽引装置、マイクロ波治療器、低周波治療器などを設置しています。